プロフィール


【経歴】

会社と社員の信頼関係を構築、社員の満足度(ES)を高め、業績向上をはかる社会保険労務士

また、メンタルコーチとして、経営者、経営幹部を中心に、コーチングを行う。
明治大学法学部法律学科卒業
ジャスコ株式会社(現イオン㈱)

入社後、青森店でパソコン販売担当、実験店のため、仕入、販売、販促をすべて手掛ける
1年半後、仙台の東北カンパニー経営管理部へ異動、取締役支社長のブレーンとして活動する
2年後、秋田県本荘店へ異動、総務課長、副店長として、100名の店を取り仕切る、徹底したコスト削減で増益を果たす
1年後、山形県赤湯店へ異動、総務課長、副店長。経費を積極的に使い、絶対無理と言われた売上予算を達成する(経費は予算を大幅オーバー)
1年半後、新潟県村上店へ異動、総務課長、副店長。販促に力を入れ、やはり絶対無理と言われた営業利益予算を達成。元旦には開店前に200名の行列を作る。

1年間の自宅研究(人事労務)を経て派遣会社へ入社。総務課長として勤務するも、家庭の事情で1年で退社。
ハローワークの職業訓練(WEBページ作成)を受けつつ社会保険労務士試験を受験し、合格。
平成16年に、新発田市で人事コンサルティング業を営む「新島労務管理事務所」を開業。
平成19年、業務拡張のため、新潟市中央区へ移転「新潟中央社労士事務所」開業。
平成23年、コンサルティング部門を分離し、株式会社ラックコンサルティングファームを設立。社労士事務所とともに移転する。

常に顧客本位、事例主義により、理論や法律論ではなく、現場に最適なアドバイスを行っている。
その活動が認められ、講演依頼やマスコミ出演、記事掲載も多数行われている。

【講師・講演実績】

公共団体、法人からの依頼を中心に100件を超す実績

【マスコミ出演】

BSNイブニングニュース 3回
NSTスーパーニュース 1回
NHK新潟ニュース610
【執筆実績】

単行本
知ってたつもり「会社のルール100の疑問」(新潟日報事業社)

記事執筆
月刊 近代中小企業 月刊 経営者会報  月刊 デイの経営  他多数



プロフィール

新島 哲       社会保険労務士    メンタルコーチ


ピックアップ

2014年03月12日
傷病手当金とは

Facebookページ

メタ情報


このページのTOPへ